困った時に便利な信頼されている制度の利用方法

生活をするために

診察

種類と知っておきたい情報

うつ病になる人は、比較的真面目な人が多いです。まじめな人とでしかも精神的なバランスが崩れているとうつ病になりやすい傾向にあります。うつ病の厄介なところは、感情の起伏が激しいことや落ち込んでしまい社会的な行動ができなくなることです。社会人なれば、就職をしている人が多いですが、会社に行くことができない場合も少なくありません。この時には、収入減がなくなってしまうためうつ障害年金を申請し何とか生活をつないでいくしかないでしょう。このうつ障害年金の種類ですが、主に2種類あります。一つが障害基礎年金と呼ばれるものになります。障害基礎年金は、日本に住んでいて20歳以上で60歳未満の人がもらうことが可能になります。障害等級は、1級か2級に該当する必要があるでしょう。次に障害厚生年金と呼ばれるものがあります。これは、厚生年金に加入している人がもらえるものになりますので、アルバイトなどではもらうことができません。会社に入っていれば、普通はもらうことができます。この二つを比較した場合、障害厚生年金の方が手当が厚いといえるでしょう。ただそうはいっても、実際にもらえるお金はそれほど多くありません。一人の人間がようやく生活をしていきるかどうかのレベルになります。頑張って医者に通うためのお金をねん出することも可能になりますが、一切ぜいたくをすることができないほどの金額になりますので、早い段階で治療し社会復帰をするのは望ましいです。ちなみに、完全に会社を休まなくてももらうことができるのが障害年金の特徴です。

うつ障害年金をもらうためには、どのようにして審査を突破するかが重要になります。傷病手当金などと異なり、簡単に審査に通る訳ではありません。国としても、可能な限り無駄な出費を減らしたいためある程度厳しい審査基準にしてあるわけです。そこで、うつ障害年金の審査に通るために重要になるのは、まずなんといっても診断書の内容が大事になります。診断書の内容がいい加減だと、審査に通る可能性が限りなく狭くなってしまうため、障害年金をもらう時に必要な内容を記載してくれる病院に行くことが必要です。実際に、過去に障害年金を申請してもらったことがある場合には、その診断書の内容が優れていたとも言えます。そのような経験が豊富な医者の先生にお願いをすることが大事になるでしょう。次に、それ以外の書類が必要になるため書類の作成をすることが大事です。ただ、ここでひとつ大きな問題があり書類作成の方法がわからなければそもそも申請することすらできません。仮に書類作成の方法がわかったとしても、審査に通らなければ意味がないわけです。この問題を解決するためには、障害年金の書類を書いてくれる専門の機関に依頼することが必要です。専門の機関とは、司法書士事務所や社労士事務所などになります。これらの中で、障害年金の書類作成を積極的に行ってくれてしかも十分な実績があるところならば信頼してもよいです。そのため、事前に障害年金の申請をしてどれだけ審査に通したことがあるかあるいは自信があるかどうかなどを調べてみてもよいでしょう。

Copyright© 2019 困った時に便利な信頼されている制度の利用方法 All Rights Reserved.